タグ別アーカイブ: docking boxes

highslideとDockingBoxes

先日テーマをiThemeに変更しましたが、
本来右側のサイドバーの位置の変更がDrag&Dropでできて、
cookieにその変更した位置を記憶してくれる
というDocking boxesを使った
ナイスなサイドバーになっているはずなんですが…………。

WPJ-Highslideプラグインを有効化している場合、
普通にテーマを有効化しても効きませぬ!(今はなおってますが)
Docking boxesが無かった事になっているかの如く、
サイドバーのDrag&Dropが出来ません。

なぜだか分かりませんが、WPJ-Highslideを有効化するとDocking boxesに使われる、dbx.jsdbx-key.jsが読み込まれないみたいです。

ええ、なぜだか分かりません。
多分博識な方なら理由も分かると思われますが薄識なもので(^ ^;

っというわけでdbx.jsdbx-key.jsの読み込みの邪魔をしていると思われるWPJ-Highslideでのスクリプトの読み込みをプラグインで行わず、直接テーマファイルにスクリプトの読み込みを記載してみました。

wpj-highslide.phpの15行目辺りから44行目辺りまでhighslideのデザインを決める為の記載があると思います。
本来は好みのデザインを選んで//を削除し、スクリプトの読み込みを有効化するんですが
今回はあえてコメントアウトされたままにします。

そして、コメントアウトされている部分を直接テーマファイルのヘッダー部分に書き込みます。

つまりヘッダーに

<link rel="stylesheet" href="〜/wordpress/wp-content/plugins/wpj-highslide/highslide-wro.css" type="text/css" media="screen" />
<script type="text/javascript" src="〜/wordpress/wp-content/plugins/wpj-highslide/highslide/highslide.js"></script>
<script type="text/javascript">
 hs.graphicsDir = '〜/wordpress/wp-content/plugins/wpj-highslide/highslide/graphics/';
 hs.outlineType = 'rounded-white';
 window.onload = function() {hs.preloadImages(5);}
 </script>

っと書き込めばなぜか動きます。
緑色の文字の部分はファイルまでのフルパスを記入してください。

そうすれば、WPJ-Highslideを使ってもDocking boxesを使ったテーマが動きます。

なぜだか分かりませんが!

動きます!!!