タグ別アーカイブ: GPS

myTracks

Mac+TripMate850+myTracks

TripMate850で記録したログをMacを使って写真と同期する。
それがしたくてググってみると、

こんな素敵なサイトを発見!
http://www.gpsdgps.com/topics/index.php?itemid=284


やりたいコトそのままを、myTracksを使い丁寧に解説してくれてあります。
このサイトを見れば完璧に写真にジオタグを埋め込めます。

それにしてもmyTracksとiPhotoとの親和性には驚きです。
ドラッグすればほとんどの作業は終了。

これでジオタグ管理もバッチリです!

こんなんできました!

gmap081102

大分遅れましたが、PhotoTrackrを使ってこんなのが出来ました。

ちょうどローライダーのタペットブロックからのオイル漏れがヒドくなりまして、
こりゃ直してもらわにゃ!
っちゅーことでRED HOT CYCLESまで行きました。

コースはRED HOT CYCLESまでバイク。
店から尾張一宮までお店の車で送って頂き、
名古屋駅まで電車で行きました。

トラックログの位置の精度はなかなかの好成績!
一緒に持っていったMap60CSと比べても遜色なく…。
っというか全然こっちのほうが感度がよろしいんですよ!

Map60CSXの方はGPSにSiRFStarlllが使われていますがMap60CSには
そんなに好感度のチップが使われていないのでしょう。
旧モデルの悲しい所です。MicroSDだって使えません。

しかしこのPhotoTrackrにはMTK高感度GPSチップセット
使われているらしく、車の中でも測位してくれます。

PhotoTrackr

早速PhotoTrackrが届きました。
ホントに小さいです。これなら携帯も邪魔になりません。

CAP700 コレが届いたもの全部です。
日本語のマニュアルもちゃんと梱包されていますので、
インストールはそんなに難しくなかったです。

….Windows環境ならの話ですが。

Mac版のアプリもありますが、Win版に比べると機能がかなり限られている感は否めません。GoogleMapの地図を使っていないので地図表示かかなり大雑把!
これからに期待です。

一方Win版の方はかなり使いやすく高機能。
GooglAPIの取得も起動時にやってくれました。

っといっても、まだインストールしたぐらいで使い込んでいないので、
これから使い込んでいいたいと思います。

PhotoTracker Lite

結局のところ、Coloradoのようなカーナビライクな高機能GPSを使うのかな?
…っというものすごく根本的な所から考えだし、『いらなくね?』っという結論に割と早く達しました。
やはり販売価格高さは大きな壁になりますね。しかも世界的にみても納得いく価格ならいいんですが日本版だけ暴利ともいえる価格設定。正直買う気失せますね。きっと『金のないヤツは買わなくていいよ』ってことなんでしょうね。

GARMIN以外のGPSは?っと思い、GPS関連を調べてみると
GPS Loggerなるものを数種類発見。GPS Loggerの存在を初めて知りました(恥)
これはGARMINのトラックログの機能だけを抽出した感じ。

自分が一番使うトラックログの機能だけに絞った軽量でハンディGPSより安いGPS Logger

コレでいい!むしろコレがいい!

そこで、数あるGPS Loggerの中でも付属ソフトを含め使い勝手が良さそうな

Photo Tracker DPL700を注文致しました。

PhotoTracker DPL700

このPhotoTrackerを選んだ決め手は、

  • 記録できるポイント数が250,000ポイント!
  • ジオタグ機能
  • GoogleEarth、Flickrに対応!
  • 価格16,800円
  • 約7.3cm(高さ)×約3.3cm(幅)×約3.1cm(奥行)重量67グラム(乾電池込み)

です。250,000ポイント!Map60CSが10,000ポイントですから25倍!
そのうえトラックデーターと画像のマッチング!その上安くて軽くて小さい!

届くのが楽しみです。

GPS

バックカントリーやバイクで長距離を乗る時にGARMINMap60CSを使っています。

早いものでコレを買って5年くらい経ちます。正直、不便を感じていなかったのでGPSについての情報収集なんか全くしていませんでした。しかしながら5年の歳月っちゅうものは機器の進化に大きな進歩を与えますねぇ〜。

Map60CSxなるMicroSDカードが使えてGPSチップがSiRF StarIIIになったモデルがでて、
ついにはColoradoなどという全く新しいモデルまで出てしまう始末。そのうえ自転車などに最適でナビも出来る小型のGPSであるEdge705も!
かるく浦島太郎状態です。

なんだか新しいのが欲しくなっちゃいました。

そこで各機種の軽いスペックの比較を作ってみました。

Map60CS Colorado300 Edge705
解像度 160 x 240 240 x 400 170 x 220
GPS 高感度GPS/パッチ型? 高感度GPS/無指向性 SiRF StarIII/無指向性
メモリー 内蔵32MBのみ SDカード Micro SDカード
日本語版 ×
size 61 x 155 x 33 (mm) 60 x 139 x 35 (mm) 51 x 109 x 25 (mm)
電源 単三電池×2 単三電池×2 充電式電池
重量 213g 206.9g 104.9 g
価格 128000(日) 128000(日) / 66800(英) / 71800(英)

赤い文字の所が注目スペック!

やはりEdge705の小ささとSiRF StarIIIを使っているってところが好感触ですがColoradoの高解像度画面も捨てがたいですね。

でもEdge705には日本語版が…….。

って色々調べてると台湾版のColoradoで日本語表示が出来るらしい。っという情報をゲット!
しかし一足遅く日本のウ○コ代理店によって台湾からの出荷阻止!

なんだかねぇ〜大体日本語版の価格が高スギだっちゅーの(怒)

ぜんぜんヨクナイ

まぁ値段が値段なのでしばらく様子見かなぁ〜。
Oregonの日本語版もまだ出てないし。

どうせヨクナイ価格なのは目に見えてますが。