タグ別アーカイブ: IImageBrowser

IImage Browser カスタム

さて今回は以前言ったようにIImegeBrowserをちょこっと弄ってPostThumbsが生成するサムネイルをちょっときれいにしてみようって試みです。

まず前回のおさらいなんですが、PostThumbsにつくってもらう画像をコメントアウトすればいいって言いましたよね。

<!--<img src="xxxxx.jpg">-->
<a href="xxxxx.jpg"><img src="thumbnail_xxxxx.jpg"></a>

IImageBrowserで生成されるコードが上記のようになればいいわけです。

それでは始めます。

Version 1.5.2で。
コード生成の際「サムネイルをlightboxを使用して表示する」を選択してコードを生成した際に、PostThumbs用の画像がコメントアウトされたコードが生成されるようにします
まずwp-adminフォルダにあるiimage-browser.phpを開きます。

207行目

case “lightbox”:
htmlCode = “<a href=\”” + imgid.abs_path.value + 〜

っという部分があります。

この部分のhtmlCode =“<a href=\”” + imgid.abs_path.value + 〜の間に

“<!–<img src=\””+imgid.abs_path.value + imgid.relpath.value + imgid.file.value +”\” />–>”+

を挿入して

case “lightbox”:
htmlCode = “<!–<img src=\””+imgid.abs_path.value + imgid.relpath.value + imgid.file.value +”\” />–>”+“<a href=\”” + imgid.abs_path.value +〜

としてみてください。

そうすれば「サムネイルをlightboxを使用して表示する」を選択した際、PostThumbs用のコメントアウトされた画像が入ったコードをIImageBrowserが生成してくれます。

勘の鋭い方ならお分かりかと思いますが、この辺りのソースを弄ればいろんな応用が出来るかと思います。

自己責任でよろしくです。

Post Thumbsの小技

アクセス解析をみてみると、PostThumbsで検索して来ている方が多いですね。
やっぱ最初手こずりましたもん。PostThumbs。
 
ところで、
 
PostThumbsで生成するサムネイルの画質が荒いなぁ〜
って思っている方いませんか?
 
PostThumbsはエントリー内の最初にある<img src="xxxx.jp">というソースからサムネイルを生成します。
 
つまりエントリーにサイズの小さい画像をおいて、そこから大きいサイズの画像にリンクを張っていると、PostThumbsはエントリーにある小さい画像からサムネイルを作ります。
 
<a href="xxxxx.jpg"><img src="thumbnail_xxxxx.jpg"></a>
 
こんな場合は青字の"xxxxx.jpg"ではなく、赤字の"thumbnail_xxxxx.jpg"からサムネイルをつくる訳ですね。
 
そりゃぁきれいなサムネイルは出来ないですよね。
 
じゃあどうすればいいか!
 
簡単です!
 
PostThumbsにサムネイルを作ってもらいたい画像をエントリーの最初において、
その画像をコメントアウトしちゃえばいいんです
 
つまり
 
<!--<img src="xxxxx.jpg">-->
<a href="xxxxx.jpg"><img src="thumbnail_xxxxx.jpg"></a>

 
ってことですね
 
そうすると、エントリーには大きい画像は表示されませんが、PostThumbsはそのコメントアウトされた大きい画像からサムネイルを作ってくれます。
こうすればエントリーに何枚も画像があって、何番目かをサムネイルにしたいなぁ〜って場合でも、その画像をコメントアウトしてエントリーにおけばいいわけです。
 
こんな小技どうでしょう?
 
さて次回はいちいちコメントアウトするのめんどくさい!って方の為に、IImageBrowserで簡単にコメントアウトされた画像を配置してしまう方法を紹介したいと思います。

IImage Browser(改)?

まずアップロード時のサムネイル作成チェックボックスの他に、画像の切り取りとその場所の選択を出来るようにしました。

そして、本来はデフォルトで1種類しか選べないclassをいくつかの中から選べるようにしました。これによって、画像のサイズで配置を選べるようになります。

そしてもちろん、すでにアップロードした画像からサムネイルを作る際にも切り出しと、その場所を選べるようにしました。
ディレクトリーの画像全てのサムネイルを作成するチェックボックスは必要ないのでなくしました。

これでかなり使い勝手のいいiimageBrowserになりました。

IImage Browser

IImage Browser
記事を投稿する際、wordpress標準のアップローダーでは使い勝手があまり良くない!
どうにかならんものか!……..。

…..どうにかなっちゃうんですね。
世の中素敵です。

Lightboxにも対応していて、これ以上はない位素敵なpluginです。
画像アップ、サムネイル、Lightbox用にrel属性の追加&グループ化!

クリック数回でコードを作ってくれて投稿欄に挿入までしてくれます。
続きを読む